[topへ][初めて][ 該当のパソコン版コンテンツ]
━━━━


━━━━━━
エゴイスト(EGOIST) カリスマ店員の震源地は今 (2004年10月26日)
━━━━━━
カテゴリー: ファッション
エリア: 渋谷・代官山・恵比寿
タグ: 109ブランド,渋谷109,カリスマ店員,渋谷,2004年10月UPコンテンツ
画像を見る [画像1][画像2]

━━━━━━
エゴイスト(EGOIST)、なんとも、すごいインパクトのあるブランド名である。ちなみに、エゴイストを直訳すると利己主義者。つまり、自分のことしか考えない人であり、独善的、自己主張の激しい人となる。

カリスマ店員ブーム時に、渋谷に行けば視界にたくさん入るエゴイストの袋(オレンジ色にEGOISTの文字が入っている)を見ると、そのオレンジぶりに、何かエゴイストってうまいネーミングだな、と思っていた。

渋谷109(マルキュー)が、数多くのブランドの集合体としてマルキューという1つのファッションブランドになった1つの要因が、カリスマ店員ブームであると先週インディケ!させていただいた。

そして、エゴイストこそが、カリスマ店員ブームの仕掛け人。今回のインディケ!のテーマは、エゴイストとカリスマ店員である。

■ カリスマ店員は奥が深い
2004年の今でも、小売業全般において、このカリスマ店員という言葉は、広く使われており私もよく「わが社のカリスマ店員のXXさん」と販売員を紹介されたりする。しかしながら、これには、なにか違和感を感じる。単に販売力がある店員(数字を作れる店員)が、カリスマ店員というわけではないとインディケ!されるからだ。

カリスマ店員の定義は難しいが、単なる販売員を越えて、

・ そのブランドを代表する存在

という重要な機能がある。

また、この裏には、

・ メディアへの露出
・ 店舗でのVMD機能(カリスマ店員ブーム最盛期には、一日複数回お着替えをなされていたようです)

といった様々なビジュアルキャンペーンや

・ マーチャンダイジングへの関与

といった機能もあろうだろう。

よって、カリスマ店員というと、数字を驚異的に挙げる店員というよりも、もっと全体的な

・ ブランド確立の手法
・ 販売戦略の手法

を新規開発したという感が強いのであう。

このカリスマ店員手法は、当時のエゴイストのプロデューサー渡辺加奈女史によるものが大きいとされる。

カリスマ店員って誰?と考えると、

・ 森本容子女史(マウジーを立ち上げた現カリスマプロデューサー)
・ 中根麗子女史(現在もエゴイストに残りランジェリーライン、ラヴィジュールをプロデュースする)

というエゴイストスタッフを思い浮かべてしまうが、この2人の店員に、フィッティングだけでなく、メークなどのブランド感を教え込んだ、カリスマプロデューサーの存在が、カリスマ店員現象の核なのではないか?

渡辺加奈女史が仕掛けたこの「店員をつかったブランド化」手法は、cawaii等のギャル系メディアの後押しもあり、爆発的に支持を受け、エゴイスト躍進に繋がったのであった。

もちろん、この躍進は数字にも表れている。

エゴイスト社の1999年7月期の売上が、13億円であったのが、2000年7月期の売上が、55.6億円と爆発振りが伺える(東京商工リサーチより)。

■ エゴイストは今も進化し続ける
エゴイストは、中核ブランドエゴイストも健在であるが、
・ マジョレナ
・ 中根麗子女史がプロデュースする、ランジェリーライン、ラヴィジュール(Ravijour)
などを開発、着実に陣容の拡大を図っている。

とにかく、自己主張をしたいミニスカートを履きたかったらエゴイストへ。自分に主張がある人にお勧めのラインである。

それにしても、株式会社エゴイスト。すごい名前である。

■ アクセス情報
明日のファッションはここから生まれる渋谷109
地下鉄銀座線半蔵門線、JR線渋谷駅下車 徒歩4分
━━━━
☆TOPへ

Copyright(C)
東京インディケーター

- Powered by OptimaBase -

携帯アクセス解析